ホワイトニング歯磨き粉
「ホワイトニング歯磨き粉を使いたいけど、副作用はあるの?」と思ったことはありませんか?
ホワイトニング歯磨き粉を使うことで歯を白くできる反面、やはりマイナスな影響がないか気になりますよね。

実際、ホワイトニング歯磨き粉を使う上で副作用の心配はありません。
しかし、使用する歯磨き粉によっては配合成分に注意が必要なものもあります。

そして過度なブラッシングは歯を傷つけてしまうので気をつけなければなりません。
このページでは、ホワイトニング歯磨き粉に副作用がない理由やブラッシングの注意点、歯磨き粉を購入する前に注意したい成分を詳しくまとめました。

1.ホワイトニング歯磨き粉に副作用やブラッシングの注意点はある?


最初に、ホワイトニング歯磨き粉の副作用とブラッシングの注意点について説明します。

1-1.ホワイトニング歯磨き粉は副作用の心配なし!


ホワイトニング歯磨き粉に副作用はありません。その理由は、有効成分が歯の表面に付着する着色汚れに反応するため、歯自体に悪影響がないといわれているからです。

ホワイトニングで考えられる副作用は知覚過敏ですが、これは過酸化水素水によるものといわれています。過酸化水素水の特徴は、強力な漂白をするところです。

そのためホワイトニングで使われる過酸化水素水は、歯の着色汚れを溶かしながら歯自体を白くする効果が期待できます。

しかし過酸化水素は漂白が強力なため、歯につくことで歯の表面がはがされ、刺激にとても敏感な神経がある象牙質まで浸みこみます。このことがホワイトニングでシミるような痛みの原因です。

ホワイトニング歯磨き粉にはこの過酸化水素水は含まれていません。個人での取り扱いは危険ということで、薬事法により禁止されています。

ホワイトニング歯磨き粉には、歯に刺激のない安全な成分のみ使用されていることがほとんどです。

ですので、ホワイトニング歯磨き粉に副作用はありません。

人気のホワイトニング歯磨き粉はこちらをご覧ください。

自宅で憧れの白い歯になれる!人気のホワイトニング歯磨き粉は?

あなたは歯の黄ばみによるこんな悩みを持っていませんか? 歯の黄ばみが気になって上手く笑えない… 口臭が気になってつい声が・・・

1-2.過度なブラッシングには注意が必要

成分が安全だからといって、磨きすぎには注意が必要です。

磨きすぎは歯の表面が傷ついてしまい、かえって黄ばみがひどくなってしまいます。

また、研磨剤にも十分注意してください。
研磨剤は直接汚れを落とすことができる反面、歯の表面を削ってしまいます。

ホワイトニング歯磨き粉は、注意点を守って正しく使いましょう。

ブラッシング以外にも注意点がいくつかあります。
詳しくはこちらのページに掲載しています。↓

ホワイトニング歯磨き粉で効果を得る使い方と注意点

「ホワイトニング歯磨き粉使ってみたいけどどうやって使うの?」 「普通の歯磨き粉と同じやり方でいいの?」と思ったりしたこと・・・

2.海外製と市販の歯磨き粉に注意!購入前にチェックしておきたい5つの成分


効果の高いホワイトニング歯磨き粉は安全性の高い成分が使用されていることがほとんどです。

しかし、海外製や市販のホワイトニング歯磨き粉の中には注意が必要な成分が含まれています。特に価格が安いものは要注意です。

2-1.チェックしたい5つの成分

購入前に必ず成分表でチェックし、これらの成分が含まれている場合は避けることをおすすめします。

まずは表でご覧ください。

成分 歯磨き粉のパッケージでの表記名
プロピレングリコール 軟化剤(チューインガム軟化剤)
ラウリル硫酸ナトリウム ラウリル硫酸ナトリウム
サッカリンナトリウム 甘味料
水酸化アルミニウム 水酸化Al
過酸化水素水 オキシドール

次にそれぞれの成分について説明します。

①発がんの恐れがある「プロピレングリコール(軟化剤)」

プロピレングリコールは、ブラッシング後に口の中をしっとりさせるための保湿剤の1種です。発ガン促進作用があるといわれています。

内服薬や化粧品にも含まれていますが、プロピレングリコールを口内から取り入れるのは危険と認識されているそうです。
というのも、口内の皮膚は悪性物質を吸収する割合が高く、約90%が体内に蓄積されてしまいます。

副作用に関する事実はないという意見もありますが、避けたい成分の1つです。

②口内炎を悪化させる「ラウリル硫酸ナトリウム」

ラウリル硫酸ナトリウムは、泡立ちを良くするために主に発泡剤として使用されてることがほとんどです。
強力なたんぱく質変性作用を持ち、口内炎など口の中に炎症を発生させる可能性が高くなるといわれています。

口内炎の際は口の中を清潔に保つことが大切です。ラウリル硫酸ナトリウムを含む歯磨き粉を使用することで悪化させるリスクが高くなります。

③砂糖の500倍甘い「サッカリンナトリウム(甘味料)」

サッカリンナトリウムは、歯磨き粉の味を調整するために含まれることがある成分です。お子さん用の甘い歯磨き粉に使用されています。

サッカリンナトリウムは使用に上限があり、過剰摂取すると発がんの可能性がでてくるのです。

歯磨き粉に含まれるサッカリンナトリウムは極少量ですが、歯磨きを1日2回以上する人は避けたい成分になっています。

④研磨性の高い水酸化アルミニウム(水酸化Al)

水酸化アルミニウムは研磨剤として含まれていることが多数あります。

汚れを除去する研磨性が高いのは一見良く感じますが、その分歯の表面を削る方法です。
歯の表面が傷つくとその傷に歯の着色汚れが入り込み、より黄ばみがひどくなっていくことがあります。

⑤海外の歯磨き粉に多い過酸化水素水(オキシドール)

日本では過酸化水素水を含んだ歯磨き粉の販売は薬事法で禁止されています。

しかし海外の場合、過酸化水素水は市販の歯磨き粉に当たり前のように含まれているのが現状です。

過酸化水素水自体に危険性はありませんが、個人での取り扱いには十分注意しなければならないといわれています。

歯がボロボロになったり、知覚過敏になったりする可能性があるのです。

海外のホワイトニング歯磨き粉の購入を検討している場合は自己責任での購入となるのでご注意ください。

購入前に必ず成分表をチェック

海外製や市販のホワイトニング歯磨き粉を購入する場合は必ず成分表をチェックしてください。

「化学成分の使用が不安…」という場合は、天然由来の有効成分のみで作られたホワイトニング歯磨き粉がいいと思います。

天然由来成分で作られているホワイトニング歯磨き粉「薬用ちゅらトゥースホワイトニング」がおすすめです。

効果の高さから厚生労働省に認可され、歯を白くする医薬部外品として販売されています。
公式サイトはこちら
詳しい商品の紹介はこちらに掲載しています。↓

ちゅらトゥースホワイトニングの価格・口コミ・成分・効果の詳細情報

「ちゅらトゥースホワイトニングを使ってみたいけど、本当にホワイトニング効果があるの?」 「私でも合うの?」と思ったことは・・・

2-2.研磨剤、フッ素入りの歯磨き粉は安全?

ホワイトニング歯磨き粉を選ぶ際に、
「研磨剤を含んでいたら除去率が高まる」
「研磨剤は歯を傷付けるため、不使用のものがベスト」

「フッ素は含まれていたほうが良い」
「フッ素は有毒のため危険」と、よく意見が分かれているのを見かけます。

そこで、研磨剤とフッ素の安全性についてまとめました。

2-2-1.研磨剤は極細粒ならOK

清掃剤とも呼ばれる研磨剤は歯の着色汚れを除去する力が強く、多くの市販の歯磨き粉に含まれているのが現状です。

しかし歯の表面を削って汚れを落とすため、傷の隙間に歯の着色汚れが入り込み、より黄ばみがひどくなっていく可能性がでてきます。

研磨剤不使用の場合、ステインを浮かせて落とすため歯を傷つける心配がありません。

研磨剤は不使用か、極細粒で含まれているホワイトニング歯磨き粉がおすすめです。

2-2-2.フッ素は含まれていたほうが良い

ホワイトニングには、フッ化ナトリウムやモノフルオロリン酸ナトリウムと呼ばれるフッ素が含まれている歯磨き粉がおすすめです。

フッ素には歯を健康な状態に戻す働きがあり、傷ついた歯の表面を収縮させることができます。

また歯を強くする効果があるため、虫歯予防にも効果的です。

歯磨き粉の含まれるフッ素は微量であるため、体に悪影響はなく安全に使用できます。

一時期フッ素は有毒性があると話題になりましたが、「一度に、大量に摂れば」の話です。

基準は以下のようになっています。

・歯磨き粉のフッ素基準値…1000ppm未満
・実際の歯磨き粉のフッ素濃度…950ppm程度

この基準を超えなければ安全性が高いといわれています。

日本で売られているホワイトニング歯磨き粉はフッ素量が1000ppm未満でないと販売できません。
ですので、市販で売られているホワイトニング歯磨き粉や歯医者で使われているホワイトニング歯磨き粉は基準値以下のものになります。

3.まとめ

ホワイトニング歯磨き粉は、副作用の原因となる過酸化水素水が含まれていないため安心して使用することができます。

だからと言って、どんなホワイトニング歯磨き粉を選んでも安全というわけではありません。

特に市販や海外製の歯磨き粉を購入したい場合は注意が必要です。

購入前に必ず成分表をチェックし、安全で効果の高いホワイトニング歯磨き粉を選択するのが良いでしょう。

様々なホワイトニング歯磨き粉があるなかでおすすめは、薬用ちゅらトゥースホワイトニングです。

安全・安心にこだわった天然由来成分を使用しており、高いホワイトニング効果と口内のトータルケアが期待できます。
公式サイトはこちら
詳しい商品の紹介はこちらに掲載しています。↓

ちゅらトゥースホワイトニングの価格・口コミ・成分・効果の詳細情報

「ちゅらトゥースホワイトニングを使ってみたいけど、本当にホワイトニング効果があるの?」 「私でも合うの?」と思ったことは・・・

ホワイトニング歯磨き粉の効果と副作用に関する記事一覧

ホワイトニング歯磨き粉を使う前に知りたい価格帯別の効果や必要期間

ホワイトニング歯磨き粉は、歯医者でのホワイトニングよりも安く白い歯を手に入れることができます。 しかしホワイトニング歯磨・・・

ホワイトニング歯磨き粉
ホワイトニングを歯磨き粉でする5つのメリット、デメリット

ホワイトニングをする方法の1つに、歯磨き粉で行うホワイトニングがあります。 しかし、「歯磨き粉を使う上でメリットやデメリ・・・