ホワイトニング歯磨き粉
矯正治療中は矯正装置を装着するため、どうしても歯磨きがしにくくなってしまいますよね。
それが原因で磨かれてない部分の歯が、矯正してない部分よりも黄ばみが悪化してしまいます。

黄ばみを落とすには、矯正中の歯の磨き方をよく知り、付着したステインを除去する必要があります。

このページでは、矯正中にホワイトニングはできるのか?矯正する前や後にホワイトニングするべきか?

また矯正中の歯の磨き方について詳しく紹介します。

1.矯正とホワイトニング

ホワイトニング歯磨き粉
歯を白くするための方法は主に3つあります。

・オフィスホワイトニング…歯医者さんで治療してもらう方法
・ホームホワイトニング…自宅で行うマウスピースを使う方法
・ホワイトニング歯磨き粉…毎日の歯磨き粉を変える方法

その中で、矯正中の歯の黄ばみを落とす場合、いずれの方法でホワイトニングはできるのかまとめました。

矯正の種類とホワイトニング方法 オフィスホワイトニング ホームホワイトニング 歯磨き粉
①ブラケット矯正
②マウスピース矯正
③舌側ブラケット矯正
④ダイレクトボンディング法
⑤部分矯正

①ブラケット矯正

ブラケット矯正は歯並びを直す最もスタンダードな矯正方法です。
この矯正ではホームホワイトニングは困難といわれています。
その理由は、歯並びの矯正の際に歯に密着する装置である、ブラケットがあるからです。
そのため、ホームホワイトニングでは、マウスピースに入れた薬剤が全体に広がらなくなり、うまく塗れず、むらができやすいのです。
矯正中はときどきクリーニングを行い、着色を予防して、矯正治療後にホームホワイトニングをするのが効果的です。

②マウスピース矯正

マウスピース矯正は取り外しが可能なマウスピースを使った矯正方法です。
マウスピースにはホワイトニング液を入れることができるので、歯磨き粉を使ったホワイトニングだけでなく、ホームホワイトニングも可能です。

③舌側ブラケット矯正

舌側ブラケット矯正は、ブラケット矯正と同じ装置で、歯の裏側(舌側)に装着する矯正方法です。
ホームホワイトニングもブラケット矯正と同じで、矯正治療中は歯が元の位置に移動するため、マウスピースが合わなくなり、うまく塗れずむらができてしまうので困難です。
しかし、オフィスホワイトニングなら、歯の表面に光を当てて白くするので、歯の裏側を矯正中でも可能です。

④ダイレクトボンディング法

ダイレクトボンディング法はプラスチックでできた詰め物を歯に詰め、歯の隙間などを埋める矯正法です。
ホームホワイトニングをすると、生まれつきからある歯でないと白くなりにくいので、他の歯との色の違いが出てしまいます。
そのため、矯正中のホームホワイトニングはおすすめできません。
オフィスホワイトニングかホームホワイトニング、またはホワイトニング歯磨き粉で歯を白くしてから、その歯の色に合わせてダイレクトボンディング治療を行うほうがきれいに仕上がります。

⑤部分矯正

部分矯正は、前歯の歯並びを直すのに用いられる矯正方法です。
ホームホワイトニングだと歯全体に薬剤が広がらないのでおすすめできません。
その理由は、ブラケット矯正や舌側ブラケット矯正と同様に、矯正中は歯が元の位置に移動するため、マウスピースが合わなくなるからです。

ホワイトニング歯磨き粉は、この5つの矯正に全てに使える歯を白くする方法です。

次におすすめのホワイトニング歯磨き粉を紹介します。

2.矯正中におすすめの歯磨き粉

矯正中におすすめのホワイトニング歯磨き粉を紹介します。

①ちゅらトゥース

価格:3,980円

おすすめのポイントは、ポリアスパラギン酸やリンゴ酸、ビタミンCが含まれていることです。
ポリアスパラギン酸は、口臭や歯の汚れの原因となるたんぱく質を固めて取りはがしてくれる役割があります。

リンゴ酸やビタミンCは、汚れを再び歯につきにくくしてくれ、歯茎も健康にしてくれるところが特徴です。
この3つの成分により、歯を白くする効果を発揮し、健康な歯に近づけるサポートしてくれています。

公式サイトはこちら

詳細はこちら

②はははのは

価格:1,980円

おすすめのポイントは、ポリアスパラギン酸やリンゴ酸、ビタミンCが含まれていることです。
ポリアスパラギン酸は、口臭や歯の汚れの原因となるたんぱく質を固めて取りはがしてくれる役割があります。

リンゴ酸やビタミンCは、汚れを再び歯につきにくくしてくれ、歯茎も健康にしてくれるところが特徴です。
この3つの成分により、歯を白くする効果を発揮し、健康な歯に近づけるサポートしてくれています。

公式サイトはこちら

3.矯正中の歯磨き方法

矯正中の歯磨き
矯正中におすすめの歯磨き粉を紹介しましたが、矯正中の歯磨き方法も重要になってきます。

矯正治療中はどうしても隅々まで歯磨きがしにくいため、汚れを完全に除去するのが困難です。
普段の歯磨きと同じ方法では、ステイン除去率は下がってしまいます。
矯正中の歯磨き方法をしっかり理解して、白い歯を維持しましょう。

3-1.矯正中の歯磨きは1日3回、10分程度行う

歯の白さ、口内環境を清潔に保ちたいのであれば、1日3回、10分程度の歯磨きを行ってください。
矯正装置の周辺は汚れが溜まりやすくなるので、毎食後に歯磨きするのがおすすめです。

朝やお昼に時間を取れないという方は、夜の歯磨きを念入りに行ってください。
1日の汚れはその日中に除去し、黄ばみの悪化を防ぐことが大切です。

3-2.歯や歯茎、ブラケットの磨き方


ブラケットの周りの磨き方、歯と歯の間の磨き方、歯と歯茎の間の磨き方の3つに分けて正しい磨き方を身につけていきましょう。

ブラケットの周りはくぼみを徹底的に磨く

矯正装置の上下の周りのくぼみは食べカスが溜まりがちです。
歯ブラシを斜め45度で当て、上下の汚れをしっかり落としましょう。

歯と歯の間は歯ブラシを縦に当てて磨く

ブラケットを装着している歯に、ブラシを密着させるためには、歯ブラシの先端を上手く使う必要があります。
歯ブラシで到達しない箇所は、歯間ブラシやデンタルフロスといった道具を使うと綺麗に汚れを除去できます。

歯と歯茎の間は歯ブラシを密着

歯と歯茎の間の汚れは、歯ブラシをしっかり密着させて、小刻みに振動させて落としていきます。
歯全体をまとめて磨くのではなく、一本一本丁寧に磨くように心掛けましょう。

ホワイトニング歯磨き粉の有効成分は、付着したステインを浮かせて除去し、難しい矯正中の歯磨きをサポートしてくれます。

正しい磨き方を理解し、綺麗な白い歯を手に入れてください。

3-3.矯正用の歯ブラシでより効率アップ

一般の歯ブラシでは磨ける範囲に限界があります。
矯正装置と歯の間までしっかり磨くためには、矯正用の歯ブラシがおすすめです。

矯正用歯ブラシは、山型タイプと谷型タイプの2種類があります。

山型タイプは、複雑な矯正装置の間の細かい部分を磨きたい方におすすめです。
谷型タイプは、矯正装置に負担をかけたくない時に、凹み部分を矯正装置に当てて磨くことができます。

また、ワンタフトブラシやミニポイントブラシもおすすめです。
歯磨き時間は長くなりますが、1本1本隅々まで丁寧に磨くことができます。

4.まとめ

矯正中でもホワイトニングは可能です。
しかし、矯正の種類によって、矯正中はホワイトニングが困難なことや、矯正前や矯正後にしかできないことがあります。
ホワイトニング歯磨き粉だと、どのタイミングでも手軽に始めることが可能です。

ただし、ホワイトニング歯磨き粉を選ぶ際、ジェル状で歯に優しい成分が入っている歯磨き粉を選ぶようにしてください。
研磨剤が配合されている歯磨き粉を選んでしまうと、歯を白くする成分が強力なため、逆に歯を傷つけ、むらができやすくなってしまいます。

自分に合ったホワイトニング歯磨き粉や、矯正用歯ブラシを使用して、白く綺麗な歯を維持しましょう。