メリットとデメリット
ホワイトニングをする方法の1つに、歯磨き粉で行うホワイトニングがあります。
しかし、「歯磨き粉を使う上でメリットやデメリットがあるの?」と思ったことはありませんか?

ホワイトニング歯磨き粉は、歯医者でのホワイトニングよりも5倍以上安い、歯磨きだけで口内のトータルケアしてくれるメリットがあります。
その反面、ホワイトニング歯磨き粉は白くなるまでに1ヶ月~2ヶ月ほどかかるデメリットがあります。

これからホワイトニング歯磨き粉で得られるメリット・デメリットを詳しく紹介していきます。

1.ホワイトニングを歯磨き粉でする5つのメリット

5つのメリット
ホワイトニング歯磨き粉で得られるメリットは大きく分けて以下の5つあります。

  • 歯医者でのホワイトニングよりも5倍以上安い
  • ホワイトニング歯磨き粉の成分による痛みがない
  • いつでも、どこでも手軽にホワイトニングできる
  • 歯本来の自然な白さになれる
  • 歯磨きだけで口内のトータルケアができる

これから、それぞれを詳しく紹介していきます。

①歯医者でのホワイトニングよりも5倍以上安い

価格(税込) 期間
歯磨き粉 1,000~10,000円 1ヶ月
歯科医院 40,000~60,000円 1回
ホームキット 30,000~50,000円 2週間

ホワイトニング歯磨き粉の最大のメリットは何といっても費用の安さです。歯医者よりも5倍以上安い価格で本格ホワイトニングができます。

なぜ本格的なホワイトニングができるかというと、ホワイトニング歯磨き粉には歯の着色汚れを落とす作用がある有効成分が含まれているからです。

有効成分は、ポリアスパラギン酸やメタリン酸ナトリウムなどがあります。これらの成分の働きにより、歯本来の白さに戻れる効果が期待できるのです。

②治療による痛みが一切ない

ホワイトニング歯磨き粉は痛みを感じることなくホワイトニングができる特徴があります。
なぜかというと過酸化水素水など歯に刺激を与える成分は、ホワイトニング歯磨き粉に配合することを薬事法で禁止しているからです。

そのためホワイトニング歯磨き粉は安全性が高い商品となっています。

③いつでも、どこでも手軽にホワイトニングできる

ホワイトニング歯磨き粉は、歯ブラシと歯磨き粉だけあればいつでもホワイトニングができます。
自宅はもちろん、職場のランチ後に磨いたり、旅行先に持って行くことも可能です。

毎日の歯磨きに取り入れるだけなのでホワイトニングを習慣化しやくなります。

④歯本来の自然な白さになれる

ホワイトニング歯磨き粉を使うと不自然に真っ白な歯になる心配がない特徴があります。その理由は、過酸化水素水で漂白をしないからです。

過酸化水素水は、歯の表面だけではなく、歯の内側まで浸透して漂白します。そのため、明らかにホワイトニングしたような真っ白な歯になるリスクが高くなるのです。

ホワイトニング歯磨き粉は歯に付着している着色汚れのみを除去するため、歯本来が持つ自然な白い歯にする効果が期待できます。

⑤歯磨きだけで口内のトータルケアができる

ホワイトニング歯磨き粉の中には白さだけでなく、口内のトータルケアができるものもあります。
口内のトータルケアとは虫歯予防、歯周病対策、口臭対策…などです。

しかし、すべてのホワイトニング歯磨き粉が口内のトータルケアができるというわけではありません。
そのため、購入前には配合されている成分をよく見ることが大切です。

トータルケアができるおすすめの歯磨き粉はこちらのページに掲載しています。↓

虫歯予防から口臭対策まで!成分から見るおすすめ歯磨き粉

「虫歯予防や口臭予防、歯周炎予防など、それぞれに効く歯磨き粉はあるの?」 「悩みに合った歯磨き粉の選び方は?」と思ったこ・・・

2.ホワイトニングを歯磨き粉でする5つのデメリット
5つのデメリット
ホワイトニング歯磨き粉の購入前に知っておきたいデメリットは5つです。

  • 白くなるまでに1ヶ月~2ヶ月ほどかかる
  • 自分の歯以上に白くはならない
  • ケア後1時間は飲食ができない
  • 継続的なケアが必要
  • 歯を傷つける可能性がある

これから、それぞれを詳しく紹介します。

①白くなるまでに1ヶ月~2ヶ月ほどかかる

歯に付着している日々の着色汚れをきれいに除去するには、どうしても時間がかかってしまうのです。

ホワイトニング歯磨き粉は効果を実感できるまで1~2ヶ月ほどかかります。
そのため、毎日継続し正しく使うことで効果が期待できます。

正しい使い方はこちらのページに掲載しています。↓

ホワイトニング歯磨き粉で効果を得る使い方と注意点

「ホワイトニング歯磨き粉使ってみたいけどどうやって使うの?」 「普通の歯磨き粉と同じやり方でいいの?」と思ったりしたこと・・・

②自分の歯以上に白くはならない

ホワイトニング歯磨き粉は、歯に付着する着色汚れを除去して歯本来の白さに戻すところが特徴です。

そのため、歯の内部が黄ばんでいる人は、歯の着色汚れを除去しても白さを感じない可能性があります。
歯が着色汚れで黄ばんでいる人と歯の内部が黄ばんでいる人の見分け方は以下になります。

・歯が着色汚れで黄ばんでいる人→歯の表面が黄色くなっている
・歯の内部が黄ばんでいる人は→歯の表面が半透明で内部が黄色くなっている

歯の内部が黄ばんでいる人は、ホワイトニング歯磨き粉では歯本来の白さに戻せないため、過酸化水素水によるホワイトニングが必要です。

ですので、歯医者でホワイトニングしてもらうことがおすすめします。

③ケア後1時間は飲食ができない

ホワイトニング歯磨き粉を使用した後は1時間の飲食・喫煙を避けることがおすすめします。

なぜかというと、ホワイトニング歯磨き粉を使用した後は歯の表面が敏感な状態になっているため、食べ物や喫煙などの色が付きやすくなっているからです。

また起床後にホワイトニング歯磨き粉を使う人は、食事後に口をゆすいで着色汚れを落としてください。
夜は寝る直前に磨くことで、ホワイトニング後の着色を避けることができます。

こちらのページに詳しく紹介しています。↓

ホワイトニング歯磨き粉で効果を得る使い方と注意点

「ホワイトニング歯磨き粉使ってみたいけどどうやって使うの?」 「普通の歯磨き粉と同じやり方でいいの?」と思ったりしたこと・・・

④継続的なケアが必要

ホワイトニング歯磨き粉で歯本来の白さに戻っても、永久的に白さが持続することはありません。

ホワイトニング歯磨き粉には汚れの再付着を抑制する効果がありますが、やはり日々の飲食で着色汚れは付着してしまいます。
歯の白さを維持するためにも、ホワイトニング歯磨き粉で継続的なケアが必要です。

⑤歯を傷つける可能性がある

ホワイトニング歯磨き粉の中には研磨剤が含まれている場合があります。
研磨剤とは、汚れを強力に落とすことができる成分です。

しかし強力に汚れを落とす反面、歯の表面を削ってしまう作用を持っています。
その働きにより歯の表面が傷つくと、その傷の隙間に着色汚れが入り込み、よりひどい黄ばみになってしまう可能性があります。

そのため、ホワイトニング歯磨き粉を購入する前に「研磨剤不使用」に注目することがおすすめです。

3.まとめ

今回は、ホワイトニングを歯磨き粉でするメリット・デメリットを紹介しました。

ホワイトニング歯磨き粉は、費用が安く手軽にホワイトニングできるところが魅力です。

その一方で有効成分が配合されているか理解していないと、歯の着色汚れを落としているつもりが歯を傷つけてしまうことがあります。

ですので、ホワイトニングに安全な有効成分が配合されているか購入する前に確認することが重要です。

ホワイトニング歯磨き粉で有効成分が配合されている商品は様々あります。

そのなかでもおすすめの商品をこちらのページで5つ紹介しています。↓

おすすめのホワイトニング歯磨き粉とその口コミ

「ホワイトニング歯磨き粉を使ってみたいけど、どれがいいか分からない」 「おすすめの歯磨き粉はあるの?」と思ったことはあり・・・