63436617
「自宅でホワイトニングしてみたいけど、どの方法が効果的なの?」と思ったことはありませんか?
自宅でできる効果の高いホワイトニング方法は全部で6つあります。

いつもの歯磨き粉をホワイトニング歯磨き粉に変えたり、歯の消しゴムを使ってホワイトニングしたり方法は様々です。

このページでは、自宅で手軽にできるホワイトニング方法とそれぞれの特徴、メリット・デメリットについておすすめ順に紹介していきます。

1.自宅でできる効果の高いホワイトニングランキング

自宅で手軽にできる効果の高いホワイトニング方法をおすすめ順に紹介します。

1位 定番!ホワイトニング歯磨き粉

自宅のホワイトニングでもっとも効果が期待でき、手軽に行えるのがホワイトニング歯磨き粉です。

ホワイトニング歯磨き粉は歯の着色汚れの除去に効く有効成分が強力で、自宅で本格ホワイトニングを行うことができます。

歯磨き粉にもよりますが、歯を傷めないなど使用による危険性が低いのも魅力の1つです。

ホワイトニング歯磨き粉の効果的な使い方は以下の順番です。

  • 市販の歯磨き粉で黄ばみのみを落とす
  • ホワイトニング歯磨き粉で全体を磨く
  • フッ素で歯の健康状態に戻す

次にホワイトニング歯磨き粉のメリット・デメリットを紹介します。
メリット

  • 低コストで高いホワイトニング効果が得られる
  • 虫歯対策、歯周炎予防など、口内のトータルケアができる
  • 普段の歯磨きにプラスするだけなので習慣化しやすい

デメリット

  • 効果を実感するまでに1~2ヶ月かかる
  • ホワイトニング直後は1時間飲食を避ける必要がある

様々なホワイトニング歯磨き粉があるなかでおすすめの商品があります。

こちらのページにおすすめのホワイトニング歯磨き粉について詳しく紹介しています。

おすすめのホワイトニング歯磨き粉とその口コミ

「ホワイトニング歯磨き粉を使ってみたいけど、どれがいいか分からない」 「おすすめの歯磨き粉はあるの?」と思ったことはあり・・・

2位 高速振動でステイン除去!電動歯ブラシ

ソニッケアー ダイヤモンドクリーン
image-sonic
電動歯ブラシは高速振動で歯の着色汚れを除去します。
電動歯ブラシの振動が歯の隅々まで行き渡るため、強力に付着している歯の着色汚れもはがし、落とすことができます。

また、イオンや音波水流(高速振動と水が同時に出てくること)を発生させる電動歯ブラシもあり、歯の隙間の汚れまで除去することが可能です。
電動歯ブラシは、ホワイトニング歯磨き粉と一緒に使用すると歯の着色汚れの除去率がかなり高まります。

電動歯ブラシの効果的な使い方は以下の順番です。

  • 毛先が歯に軽く当たるように使う
  • 歯ブラシのようにゴシゴシ動かさず、振動に合わせてゆっくり動かす
  • 磨き残しがないように全体を磨く

次に電動歯ブラシのメリット・デメリットを紹介します。
メリット

  • 歯ブラシよりも楽に、効率的に磨ける
  • 約1週間程でステイン除去を実感できる
  • たくさんの機能がある

デメリット

  • 振動音がうるさい
  • 歯への刺激が大きいため、フッ素でのケアが必要

3位 100円以下でできる!重曹ホワイトニング

重曹の特徴は、汚れを落とす働きがある研磨剤が多く含まれているところです。
そのため、汚れを浮かす作用があり、ホワイトニング効果が高いと注目されています。

スーパーなどで購入でき、価格も100円以下なので超お手軽にホワイトニングしたいという方におすすめです。

一方で重曹の高い研磨力は歯を傷つけることになるため、磨きすぎには注意が必要です。
また工業用の重曹は体に悪影響を及ぼす可能性があるため、必ず食用を使用してください。

重曹ホワイトニングの方法を紹介します。

  • 歯ブラシにひとつまみの重曹をふりかけ磨く
  • 磨いた後はしっかりゆすいで粒を落とす

重曹を歯ブラシに付けてホワイトニングする方法の他に、重曹でうがいをするホワイトニング方法もあります。
うがいでの重曹ホワイトニング方法は以下のようになります。

  • コップ1杯分の水に重曹を約1つまみ分溶かす
  • 1分間口をくちゅくちゅゆすぐ
  • 重曹が口に残らないように洗い残す
  • 歯磨き粉で歯を磨く

次に重曹ホワイトニングのメリット・デメリットを紹介します。
メリット

  • 100円以下で簡単にできる
  • コストパフォーマンスが高い

デメリット

  • 歯を傷つける可能性があるため毎日はできない
  • 有効成分は含まれていないため効果に個人差がある

4位 歯も美白パック!ホワイトニングパック

スマイルコスメティック ティースホワイトパック
ホワイトニングパックは、肌をパックするように歯もパックして美白にすることができます。

濃密な成分が歯に浸透し、蓄積している歯の着色汚れを浮かせながらツヤのある白い歯へと導きます。

一方でホワイトニングパックは、歯茎に当たってしまうと歯茎を傷めてしまう可能性があるため、使用の際は注意が必要です。

ホワイトニングパックの基本的な使い方は以下の順番です。

  • 使用前に歯磨きをする
  • 歯型に合わせるようにパックを折って貼る
  • 外した後は、浮いた汚れを落とすようにもう一度ブラッシングする

次にメリット・デメリットを紹介します。
メリット

  • 成分を歯に浸透させることができる
  • ツヤのあるツルツルな歯が期待できる
  • ホワイトニングの本場アメリカでは有名なホワイトニング方法

デメリット

  • 歯茎を傷める可能性がある
  • 即効性は低いため、最初の頃は毎日使用する必要がある

5位 歯を白く塗る!歯のマニキュア

ハニックDC
歯のマニキュアは、パーティや結婚式など「ここぞ!」というピンポイントの日に、すぐに白くきれいな歯にできる商品です。

自宅で爪にマニキュアを塗るような感覚で歯を白くすることができます。
歯のマニキュアは市販で気軽に購入できる商品ですが、ホワイトニング効果は本格的です。

歯のマニキュアを塗ると、光沢のあるキレイな白い歯になることができます。

ただし歯のマニキュアはあくまでも「歯を白く見せる」商品なので、効果は長続きしません。
持続時間は約12時間ほどです。

歯のマニキュアで歯自体を白くすることはできないため、ピンポイントでのホワイトニング用としておすすめします。

歯のマニキュアは以下の方法で使用します。

  • 事前に歯磨きを行って歯の着色汚れを落とす
  • 色ムラができるのを防ぐため、歯の表面の水分をコットンで落とす
  • 歯の付け根から歯の先へとサッと一塗りで、薄く塗る

次に歯のマニキュアのメリット・デメリットを紹介します。
メリット

  • ピンポイントで歯を白くできる
  • 即効性が高い
  • 高性能のものが市販で気軽に購入可能

デメリット

  • 持続性がない

6位 黄ばみを消す!歯の消しゴム

トゥーステックダブル
トゥーススティックダブル
歯の消しゴムは、歯の表面についてしまった着色の強いタバコのヤニ汚れやコーヒーの着色汚れを落とすのに効果的です。また、落としにくい歯の隙間汚れの除去にも効果があります。

ただし歯の消しゴムは歯の着色を削るように落とすため、歯を磨きすぎると白くするどころか黄ばむ可能性があるため注意が必要です。

歯の消しゴムの効果的な使い方は以下の順番です。

  • 歯の表面の水気を取る
  • 白くしたい着色部分に優しく擦る
  • 使用後は水でうがいをする
  • 消しゴムが汚れた場合、1mm程度カットする

メリット

  • 着色の強い部分まで白くできる
  • 鞄に入れて持ち運び可能
  • 市販でワンコインで購入できる

次に歯の歯ブラシのメリット・デメリットを紹介します。
デメリット

  • 磨き過ぎは歯を傷つける
  • 歯全体のホワイトニングは期待できない

2.より確実な本格ホワイトニングができる2つの方法とは?

ホワイトニング歯磨き粉
より確実に早くホワイトニングを行いたい場合は歯科医院でホワイトニングをしてもらうことをおすすめします。

ただし歯科医院に毎回通院しなくても、自宅でできるホワイトニングがあります。

2-1.ホームホワイトニングキットを入手する

ホームホワイトニングキットとは、歯医者でマウスピースを作成し専用の薬剤を使用して自宅で出来るホワイトニングのことです。

自宅で2時間装着すると、2週間ほどで効果を実感できます。ホームホワイトニングキットは自分が望む白さに調整することが可能です。

2時間の装着をしっかり継続でき、確実に白くなりたいという方はホームホワイトニングキットがおすすめです。

ホームホワイトニングキットの使い方は以下の4つです。

  • 歯磨きで汚れを落とす
  • マウスピースに薬剤を入れ、2時間装着する
  • 口をゆすいで歯を磨く
  • 2週間ごとに歯医者でのメンテナンス

次にホームホワイトニングキットのメリット・デメリットを紹介します。
メリット

  • 歯医者でのホワイトニングと同じ効果が期待できる
  • 自宅でできるため、歯医者への通院頻度が少ない
  • 自分の好みの白さまで調整可能

デメリット

  • 約30,000円かかる
  • 2時間の装着を継続しなければならない

2-2.歯科医院で行うホワイトニングは最もオーソドックス

image-dental
即効性が高く、確実に歯を白くしたい場合は歯科医院でのホワイトニングがおすすめです。

歯科医さんがホワイトニングしてくれるので、手軽に効率よくホワイトニングできます。

ただし金額が歯1本3,000円ほどかかってしまいます。また、効果は3~6ヶ月で切れてしまうため、定期的なメンテナンスが必要です。

3.まとめ

自宅ホワイトニングは低コストで本格的なホワイトニング効果が期待できます。

効果を実感するのに1~2ヶ月ほどかかってしまいますが、歯は毎日のケアで白くなっていくものです。

特にホワイトニング歯磨き粉は有効成分の力が強く、自宅ホワイトニングの中では最も高い効果が期待できます。

また、ホワイトニング歯磨き粉の中には虫歯予防から歯周病予防、口臭対策までできるものがあります。

そのなかでもおすすめの商品は「プレミアムブラントゥース」です。

プレミアムブラントゥースは、オーガニックにこだわった自然由来の成分で作られているため安全にホワイトニングと口臭ケア、虫歯予防など口内のトータルケアができます。

こちらのページに詳しく掲載しています。↓

プレミアムブラントゥースの価格・口コミ・成分・効果の詳細情報

「プレミアムブラントゥースを使ってみたいけど本当にホワイトニング効果はあるの?」「副作用が起きたりするの?」と思ったこと・・・