「妊娠中だけどホワイトニングできるの?」と思ったことはありませんか?

妊娠中は過酸化水素や過酸化尿素を使うホワイトニング方法はおすすめできません。

しかし、ホワイトニング歯磨き粉やホワイトニングサロンでのホワイトニングは可能です。

これから、妊婦さんでもできるホワイトニング方法や妊娠中に使えるおすすめのホワイトニング歯磨き粉などを詳しく紹介していきます。

1.妊娠中のホワイトニングはやめておくべき理由とホワイトニングが始められる時期


妊娠中に過酸化水素や過酸化尿素を使ったホワイトニング方法は、胎児に影響を及ぼす可能性があるのでおすすめできません。

過酸化水素や過酸化尿素は、主に歯科医院でホワイトニング治療をする際に使われるホワイトニング剤です。

妊娠中は風邪薬ですら飲めなくなるのと同じく、薬剤を使って行うホワイトニングは薬事法でも禁止されています。

今のところ胎児に直接影響が出たというデータはないのですが、それでも万が一のことがあってからでは遅いのです。

妊婦さんが安心してホワイトニングを始められる時期は、授乳期を終えてからがベストです。

出産したからといって安心してはいけません。

授乳中も妊娠中と同じく、お母さんと赤ちゃんは母乳を通してつながっているため、ホワイトニング薬剤が赤ちゃんに伝わるリスクがゼロではありません。

ですので、一番安心してホワイトニングが始められるのは授乳期を終えてからです。

もし、妊娠中にホワイトニングをするなら以下の4つの方法があります。

  • ホワイトニング歯磨き粉を使う
  • 歯のマニキュアを塗る
  • ホワイトニングサロンに行く
  • 色素沈着しやすい飲食は避ける

以上の方法の中でおすすめなのがホワイトニング歯磨き粉を使うことです。

ホワイトニング歯磨き粉なら、安全な成分でできており、高いホワイトニング効果が期待できます。

1-1.妊娠中のホワイトニングをおすすめしない理由

妊娠中に過酸化水素や過酸化尿素を使ったホワイトニング方法は、胎児に影響を及ぼす可能性があるのでおすすめできません。

過酸化水素や過酸化尿素は、主に歯科医院でホワイトニングする時に使われるホワイトニング剤です。

妊娠中は風邪薬ですら飲めなくなるのと同じく、薬剤を使って行うホワイトニングは薬事法でも禁止されています。

今のところ胎児に直接影響が出たというデータはないのですが、それでも万が一のことがあってからでは遅いのです。

どうしても歯を白くしたければ、胎児に影響を与えないホワイトニング方法にしましょう。

1-2.安心してホワイトニングを始められる時期

妊婦さんが安心してホワイトニングを始められる時期は、授乳期を終えてからがベストです。

出産したからといって安心してはいけません。

授乳中も妊娠中と同じく、お母さんと赤ちゃんは母乳を通してつながっています。

そのため、ホワイトニング薬剤の成分が赤ちゃんに伝わる可能性もゼロではありません。

ですので、一番安心してホワイトニングが始められるのは授乳期を終えてからです。

2.妊娠中におすすめのホワイトニング歯磨き粉

ホワイトニング歯磨き粉
妊娠中におすすめのホワイトニング歯磨き粉を5つ紹介します。

価格は税込みの値段です。

薬用ちゅらトゥースホワイトニング


購入場所:公式サイト、Amazon

価格
公式サイト 初回 4,299円
2回目以降 5,379円
Amazon 6,458円

ちゅらトゥースは、天然成分で作られたホワイトニングジェルなので妊婦さんでも使用することが可能です。

ホワイトニングだけではなく虫歯予防や歯周病予防など口内環境を整えてくれる効果が期待できます。

お母さんが虫歯予防をすることで、子供に虫歯菌が移るのを防げます。

公式サイトでは、妊娠中でも使用が可能と書いてありますが、気になる方は医師に相談してから使ってください。

公式サイトはこちら詳細はこちら

ビースマイル

価格 2,592円

ビースマイルは、歯の着色汚れや色素に働きかける体に優しい天然由来成分が配合されているため、妊婦さんでも安心して使用できます。

また、GTOという成分が配合されているため、歯に残ってしまった歯垢を除去し、虫歯予防に効果的です。

つわりなどでしっかり歯を磨けていなくて虫歯にならないか心配な方におすすめです。

公式サイトはこちら詳細はこちら

プレミアム ブラントゥース

価格 4,299円

プレミアム ブラントゥースは、ホワイトニングと虫歯予防、歯周病対策と口臭対策に効果的な歯磨き粉です。

また、配合されている成分はオーガニックにこだわった自然由来の成分なので妊婦さんでも安心して使用することができます。

しかし、マカダミアナッツ油などピーナッツ類などが配合されているので食物アレルギーがある方は成分を確認してから使用してください。

公式サイトはこちら詳細はこちら

はははのは


購入場所:公式サイト、Amazon、楽天

価格
公式サイト 初回 1,980円
2回目以降 2,980円
Amazon 3,500円
楽天 8,856円
(送料別:800円~1,800円)

「はははのは」は、研磨剤や漂白剤、発泡剤など体内に悪影響を及ぼす成分が配合されていないので妊婦さんでも安心して使えます。

また、歯を白くするだけではなく、着色汚れから歯を守るために10種類のオーガニック成分が配合されています。

公式サイトはこちら
詳細はこちら

スーパースマイル

スーパースマイル

価格 50g 1,836円
119g 3,024円

スーパースマイルは、独自成分のカルプロックスがエナメル質(歯の表面)を傷つけることなくステイン除去する効果が期待できます。

また、カルシウム・マグネシウム・リンなどのミネラル成分が配合されているため、エナメル質を強くし、歯周病菌を退治するのに効果的です。

スーパースマイルは過酸化尿素を使用していないため、妊婦さんでも使用できるホワイトニング歯磨き粉です。

3.妊婦さんができるホワイトニング方法

ホワイトニング歯磨き粉
1.で紹介した妊婦さんが安心してできるホワイトニング方法をそれぞれ詳しく紹介していきます。

  • 市販のホワイトニング歯磨き粉を使う
  • 歯のマニキュアを塗る
  • ホワイトニングサロンに行く
  • 色素沈着しやすい飲食は避ける

それぞれ詳しく紹介します。

3-1.市販のホワイトニング歯磨き粉を使う

日本で市販されているホワイトニング歯磨き粉は、歯科医院で取り扱う過酸化水素や過酸化尿素は配合されていません。

日本で市販されているホワイトニング歯磨き粉の成分はポリリン酸やメタリン酸などです。

主に歯の表面の着色汚れを除去するものなので、漂白効果はありませんが、食べ物などの色素の沈着を抑えることができます。

3-2.歯のマニキュアを塗る

歯のマニキュアは、妊娠中でも一時的に歯を白くすることができます。

なぜかというと、歯のマニキュアは歯や体内に影響のある成分は使われていないからです。

また、歯の表面にマニキュアをつけるだけなので体内に入ってしまうことがありません。

3-3.ホワイトニングサロンに行く

歯医者さんが在籍しないホワイトニングサロンでは、基本的に過酸化水素系の薬剤を使用できません。

ホワイトニングサロンで提供されるホワイトニング薬剤には、主にポリリン酸など市販の歯磨き粉にも使われている成分が使われています。

ですので、妊婦さんでも安心してホワイトニングができます。

しかし、すべてのホワイトニングサロンで使われる薬剤が安全というわけではないので、ホワイトニングする前にどんな成分が使われているのかサロンに確認してみてください。

3-4.色素沈着しやすい飲食は避ける

これは歯を白くするものではなく予防の側面が大きいですが、色素沈着の強い飲食物は避けるようにしましょう。

特に妊娠初期のつわりがひどく歯を磨くことが疎かになると、食べ物の色素が沈着しやすくなるので、食生活を改善することも大切です。

4.妊娠中に控えるべきホワイトニング薬剤


ホワイトニング薬剤は様々なものがあります。

その中で妊婦さんが控えるべきホワイトニング薬剤は、過酸化水素水を使った薬剤と過酸化尿素を使った薬剤です。

過酸化水素水は主に歯科医院で行うオフィスホワイトニングの主成分となっています。

過酸化尿素は主にホームホワイトニングの主成分です。

オフィスホワイトニングに使われる過酸化水素水とホームホワイトニングで使われる過酸化尿素では安全性が確立されています。
しかし、妊娠中や授乳中に過酸化水素水や過酸化尿素を使うことは安全性が確立されていないため避けるべきです。

このことは、過酸化水素や過酸化尿素を使用したホワイトニング薬剤の注意書きにも記載されています。

5.まとめ

今回は、妊婦中でも安全にホワイトニングする方法や控えるべきホワイトニング薬剤などを紹介しました。

本格的なホワイトニングは、胎児への影響のことを考えると授乳期を終えてからの方が良いでしょう。

妊娠中は女性ホルモンのバランスが変化し、口内が酸性になると、虫歯や歯周病になりやすくなってしまいます。

そのため、ホワイトニングだけではなく、虫歯治療や歯周病治療ができる歯磨き粉を選ぶことも大切です。

それぞれの目的に合ったホワイトニング方法を見つけて、健康的な白い歯を手に入れてください。