「妊娠中だけどホワイトニングはできるの?」と思ったことはありませんか?
結論からいうと、妊娠中のホワイトニングはおすすめできません。

なぜかというと、妊娠中に薬剤を使ってホワイトニングを行うと、胎児に影響を及ぼすことがあるからです。

しかし、妊婦さんでもホワイトニングができる方法があります。
これから、妊婦さんはなぜホワイトニングを避けた方が良いか、控えるべきホワイトニング薬剤、可能なホワイトニング方法について詳しく紹介していきます。

1.妊娠中のホワイトニングはやめておくべき理由とホワイトニングが始められる時期


まず、妊娠中にホワイトニングを避けておくべき理由とホワイトニングが始められる時期を紹介します。

1-1.妊娠中のホワイトニングをおすすめしない理由

なぜ妊娠中はホワイトニングをおすすめしないかというと、胎児に影響を及ぼしかねないからです。

妊娠中は風邪薬ですら飲めなくなるのと同じく、薬剤を使って行うホワイトニングは危険です。

今のところ胎児に直接影響が出たというデータはないのですが、それでも万が一のことがあってからでは遅いです。

どうしても歯を白くしたければ、胎児に影響を与えないホワイトニング方法にしましょう。

1-2.安心してホワイトニングを始められる時期

妊婦さんが安心してホワイトニングを始められる時期は、授乳期を終えてからがベストです。

出産したからといって安心してはいけません。

授乳中も妊娠中と同じくお母さんと赤ちゃんは母乳を通してつながっています。

そのため、ホワイトニング薬剤の成分が赤ちゃんに伝わる可能性もゼロではありません。

ですので、一番安心してホワイトニングが始められるのは授乳期を終えてからです。

2.妊娠中に控えるべきホワイトニング薬剤


ホワイトニング薬剤は様々なものがあります。

その中で妊婦さんが控えるべきホワイトニング薬剤は、過酸化水素水を使った薬剤と過酸化尿素を使った薬剤です。

過酸化水素水は主に歯科医院で行うオフィスホワイトニングの主成分となっています。

過酸化尿素は主にホームホワイトニングの主成分です。

オフィスホワイトニングに使われる過酸化水素水とホームホワイトニングで使われる過酸化尿素では安全性が確立されています。
しかし、妊娠中や授乳中に過酸化水素水や過酸化尿素を使うことは安全性が確立されていないため避けるべきです。

このことは、過酸化水素や過酸化尿素を使用したホワイトニング薬剤の注意書きにも記載されています。

3.妊婦さんができるホワイトニング方法

ホワイトニング歯磨き粉
次に、妊婦さんでもホワイトニングできる方法を4つ紹介します。

・市販のホワイトニング歯磨き粉を使う
・歯のマニキュアを塗る
・ホワイトニングサロンに行く
・色素沈着しやすい飲食は避ける

それぞれ詳しく紹介します。

3-1.市販のホワイトニング歯磨き粉を使う

日本で市販されているホワイトニング歯磨き粉は、歯科医院で取り扱う過酸化水素や過酸化尿素は配合されていません。

そのため、妊娠中や授乳中に日本製のホワイトニング歯磨き粉を使用しても問題ありません。

日本で市販されているホワイトニング歯磨き粉の成分はポリリン酸やメタリン酸などです。

主に歯の表面の着色汚れを除去するものなので、漂白効果はありませんが、食べ物などの色素の沈着を抑えることができます。

3-2.歯のマニキュアを塗る

妊娠中は、歯医者で行う歯のホワイトニングができません。

歯のマニキュアは、妊娠中でも歯を白くすることができます。

なぜかというと、歯のマニキュアは歯や体内に影響のある成分は使われていないからです。

また歯の表面にマニキュアをつけるだけなので、体内に影響がありません。

3-3.ホワイトニングサロンに行く

歯医者さんが在籍しないホワイトニングサロンでは、基本的に過酸化水素系の薬剤を使用できません。

ホワイトニングサロンで提供されるホワイトニング薬剤には、主にポリリン酸など市販の歯磨き粉にも使われている成分が使われています。

よって、妊婦さんでも安心してホワイトニングができるのです。

しかしすべてのホワイトニングサロンで使われる薬剤が安全というわけではないので、ホワイトニングする前にどんな成分が使われているのかサロンに確認してみてください。

3-4.色素沈着しやすい飲食は避ける

これは歯を白くするものではなく予防の側面が大きいですが、色素沈着の強い飲食物は避けるようにしましょう。

特に妊娠初期のつわりがひどく歯を磨くことが疎かになると、食べ物の色素が沈着しやすくなるので、食生活を見直すことも大切です。

4.まとめ

今回は、妊婦中でも安全にホワイトニングする方法や控えるべきホワイトニング薬剤などを紹介しました。

本格的なホワイトニングは、胎児への影響のことを考えると授乳期を終えてからの方が良いでしょう。

妊娠中だけどホワイトニングをしたい方は、市販で売っているホワイトニング歯磨き粉や歯のマニキュアを使うことがおすすめです。

それぞれに合ったホワイトニング方法を見つけて白い歯を手に入れてください。